キャッシャーとして採用されるための面接術とは


2017年06月29日 15:51


ナイトワークは多くのお店で常に求人を出している状態に見えますが、決して競争率が低いわけではありません。
男性であってもキャバクラ店など夜のお店で働きたいと考えている人はたくさんいますし、「ホールが難しいならキャッシャーからでも」という思いを抱いて応募してくる人も、実はたくさんいるんです。

お店側も、簡単には採用してくれませんよ。
特にキャッシャーはお金を扱う仕事ですからね。
応募者の中に真面目そうな人や信頼できそうな人がいなければ、何度でもキャッシャーの求人を出して応募者を募ることも珍しくないんです。

採用されるための面接対策

そんな中で採用されようと思ったら面接対策は必須。
何も考えずに応募してお店に行ってしまうと、しっかりと対策をしてきた他の応募者たちに負けてしまいます。
お店の人に対しても真面目な性格ややる気をアピールすることができず、採用を見送られてしまうかもしれません。

清潔感を出して第一印象をよくする

そうならないためには、まず第一印象をよくしておくこと。
髪の毛やヒゲのお手入れはしっかりとし、服装もできればスーツを着用したいですね。
着ているもののシワや汚れは禁物ですよ。
ボタンもしっかりと締めて、ネクタイも上までちゃんと締めておくこと。

一言で言えば、身だしなみで清潔感を出しましょうってことなんですけど、それができれば、とりあえず第一印象が悪くなることはありません。
スーツであっても派手さがあったらダメ。
身だしなみは全体的に落ち着いた感じにしておくと、信頼してもらいやすくなります。

言葉遣いを丁寧に

柔らかい表情を作る練習もしておきましょう。ヘラヘラするのとは違いますよ。
しゃべっていない時は口を閉じておくと、バカっぽさを軽減させることができます。

話す時は相手の目を見ること。
言葉遣いにも要注意です。
若い人にありがちな語尾を伸ばす喋り方や「なんかー」という言葉は控えめにしておいてください。
お店の人とは、もちろん敬語で話すこと
言葉遣いを少しでも間違えると、それだけでも信頼度はガタ落ち。
気をつけましょう。

キャッシャーの求人によく目を通しヤル気をアピール

キャッシャーの求人によく目を通しておくことも面接対策の一つになります。
そのお店のことがわかるからです。

他のお店との違いは?このお店だけの特徴は?仕事内容は?雇用形態や給与は?
こういったことをキャッシャーの求人から十分読み取ってからお店に向かうようにすれば、「このお店で働きたい」と本気で思っていると受け取ってもらえるような受け答えができるはずです。

面接はシミュレーションが大切。
どんな質問がくるのかもあらかじめ想定しシミュレーションを行いながら、準備を進めていきましょう。