応募前に知っておきたいキャッシャー業務の注意点


2017年05月19日 15:35


もしキャッシャーとしてキャバクラ店などに採用されれば、仕事を本格的に始める前に社員や先輩などから色々と指導され、注意点も教えられるはず。
ですがその前に、できれば応募する前に知っておきたい注意点があるので、ぜひそれを押さえておいてください。

お金の計算ミスに注意

キャッシャーの仕事は、お金を扱う仕事です。
お客さんから大事なお金を預かって、レジで計算をするお仕事です。
もし計算ミスがあれば大変なこと。
きっとお客さんやお店の人に怒られてしまうでしょう。

だからこの仕事に応募するのはやめておきましょう、というアドバイスではありません。
それだけやりがいがあるお仕事だということです。

ミスは誰にでもあります。
今まで全く経験のない仕事を始めれば、一切のミスをせずに働き続けることの方が難しい。
でも、未経験者だからミスをしても仕方がないということにはなりません。

仕事である以上ミスはいけませんし、ミスをすれば怒られて当然。
しかも、お金の計算ミスはお客さんにも失礼ですし、その額が大きければお店の経営にも影響してしまう可能性が出てきます。
キャッシャーというのは、それだけ大事な仕事を任されるということ。
責任を負う仕事を選んだ人は、社会人としての成長も早い。
だからこそ、やりがいがあるんです。

キャッシャーの仕事は、お客さんのお金を預かって精算したり会計したりするだけではありません。
キャバクラ嬢などの給与の計算をすることもあります。
これもやっぱり計算ミスは許されませんよね。
ちょっとプレッシャーに感じてしまうかもしれませんが、むしろそのくらいの緊張感はあった方がミスも減らせるはずです。

キャバクラ嬢との距離感に注意

そしてもう1つ、とても大事な注意点があるので覚えておいてください。
それは、キャバクラ嬢との関係に関すること。
もし、「キャッシャーとして働けばキャバクラ嬢とお付き合いできるかもしれない」などと考えているのであれば、別の仕事を選んだ方がいいでしょう。
ほとんどのお店で、男性スタッフとキャバクラ嬢との交際を認めていないからです。

もし発覚すれば、クビを切られてしまうのは男性スタッフの方。
もしかしたら、今まで働いた分のお給料さえ支払われずに辞めさせられてしまうかもしれません。
ある意味、計算ミスで怒られるよりもイタいですよね。

キャバクラ嬢との関係を期待していなかったとしても、実際に女性と接したりすれば恋心を抱いてしまう可能性もあるので要注意。
恋心を抱くだけならまだしも、それを成就させようと思ってしまうと大変。
ちょっとでもキャバクラ嬢にちょっかいを出していると思われたら、その時点で解雇されてしまうこともあるんです。

他にも注意点はありますが、ここで挙げた2つだけは気をつけておいてください。
もちろん、自分自身のためにですよ。
損をしないためにも、「自分なら大丈夫」と思った時点で応募に踏み切るようにしましょう。